売却物件募集

売却査定

みなと住建で家を売るメリット

売却を考える

自分の所有している不動産が、どれぐらいで売れるのか。
買い手はいるのか。まずはこれを知るところから始まりです。
お住まいの近くで実際に売り出されている物件を確かめてみましょう。

査定する

査定金額とは、実際に市場で売り出しを行った場合、売却可能だと予想される金額のことです。
まずは、電話等による簡易査定に始まり、営業担当者が実際の物件を訪問する外観査定と進んでいきます。
この査定金額をベースにして、実際の売り出し価格を決めます。

売却を依頼する

お客様がお住まいの売却を不動産仲介業者に依頼する契約を結びます。媒介には次の3種類があります。当社ではご依頼の物件を成約に向けて努力及び責任をもって管理する為に専任媒介契約をおすすめしています。

専属専任媒介契約

依頼者

媒介を依頼した不動産会社以外に媒介を重複して依頼できません。また、依頼者は、自分で見つけた相手方と不動産会社を通さずに売買契約を締結できません。


媒介業者

目的物件を不動産流通指定機構(レインズ)の登録の上、業務処理状況を1週間に1回以上依頼者に報告しなければなりません。

専任媒介契約

依頼者

媒介を依頼した不動産会社以外に媒介を重複して依頼できません。自分で見つけた相手方となら不動産会社を通さず、売買契約を締結することができます。


媒介業者

目的物件を指定流通機構に登録の上、業務処理状況を2週間に1回以上依頼者に報告しなければなりません。

一般媒介契約

依頼者

複数の不動産会社に重ねて媒介契約を依頼することができます。


媒介業者

目的物件を指定流通機構に登録したり、業務処理状況を報告する義務がありません。

売却費用を調べる

住まいの売却にも資金・費用の準備が必要です。下記のようなものが費用としてかかります。
※これ以外にも必要な場合がありますので、詳しくは営業担当者にお問い合わせください。

売却活動を開始する

媒介契約を結んだ後は、営業担当者がご売却を実現するため、積極的な営業活動を展開します。多様な媒体や手段を活用し、営業活動を行います。

売却の契約を結ぶ

売却物件の買い手が見つかった場合、購入申込書を取得し、代金の支払・物件の引渡等の詳細を決めます。内容が決定した後、不動産売買契約を締結します。
※その他にも必要になるものがございますので、詳しくは営業担当者にご確認ください。

抵当権の抹消

売却物件に住宅ローンが残債として残っている場合は、残債を清算し、抵当権を抹消する必要があります。差し押さえや仮登記も同時に処理します。抵当権等の抹消の手続きは、司法書士へ依頼します。

売却完了!

銀行等で司法書士の立合いの上、売買代金の精算を行います。
以上にて、ご所有不動産の売却が完了いたします。

不動産売却ご相談フォーム

みなと住建への不動産売却のご相談は下記項目をご入力の上、下部の「確認」ボタンを押して下さい。ご相談頂きました日から3営業日以内にはご連絡差し上げます。

それ以上経過しても弊社より連絡が届かない場合は、申し訳ございませんが、お電話にてご連絡下さい。

尚、のついた項目は入力必須となりますのでご注意下さい。
個人情報の取り扱いに関しましては、プライバシーポリシーをご覧下さい。

不動産売却ご相談フォーム

  • ご質問等に関しては、以下のフォームよりお問い合わせ下さい。
  • 必要項目を入力して確認ボタンを押してください。
  • は必ず入力してください。
査定をご希望の不動産について
不動産種別

土地 / 一戸建て / マンション / その他

不動産所有地

郵便番号 ※半角数字でご記入ください。
所在地

土地面積

u / 坪 / ※概算でOK

建物(専有)面積

u / 坪 / ※概算でOK

間取り

築年数

西暦 / 明治 / 大正 / 昭和 / 平成 / 築 / 年くらい

希望売却価格

万円くらい わからない(相場)

その他、情報、希望等

お客様情報
お名前

フリガナ

メールアドレス

お電話番号

ご住所

不動産所在地と同じ
郵便番号(お客様情報)
ご住所(お客様情報)

連絡方法

メール
電話
郵便

連絡希望の時間帯
(電話の場合)

午前9時〜12時 / 午前12時〜午後3時
午後3時〜午後6時 / 午後6時〜午後9時

  • 注文住宅&リフォーム
  • 当社分譲物件
  • 施工例
  • スタッフの思い
  • リンク集
  • 売却物件募集
  • 店舗案内+アクセスマップ